登場人物A

金欠時はキャリア決済現金化が役立つってどういうこと?

登場人物B

キャリア決済現金化はオンラインだけで申込めるの?即日振込って本当?

登場人物A

クレジットカードが使えない・・・いますぐ現金が欲しいけどどうしよう・・・

このような疑問や悩みを抱えていませんか?

急な出費で金銭的にピンチなときこそ利用したいキャリア決済現金化。

キャリア決済現金化は店舗に足を運ばなくでもオンラインで全ての手続きを完結できる上に、即日で現金を振込してもらえる大変便利なサービスなんです。

しかし初めてキャリア決済を現金化する人は、キャリア決済現金化の何が優れているのか情報が不十分で分からない点も多いと思います。

そこで下記では、キャリア決済現金化というサービスが気になっている人たちに向け、「キャリア決済における資金調達術」を詳しく紹介していきたいと思います。

こちらをご覧いただければ、キャリア決済現金化は即日振込してもらえる全国対応の便利なサービスだということが理解できますよ。

キャリア決済現金化は最強の資金調達方法

キャリア決済現金化が最強の資金調達と言われる理由は以下の3つ。

  1. 審査がない
  2. 土日祝日も対応可能
  3. 即日振込対応

それでは順を追って解説していきます。

キャリア決済に審査は必要ない

キャリア決済を利用するために携帯電話会社の審査をクリアする必要はありません。

多くの人がオンラインでの決済で使い慣れているサービスはクレジットカード。

ですがクレジットカードを申請する際、カード会社独自の基準をベースに信用があるかどうかの審査に合格しなければならないですよね?

そのため「クレジットカードを発行できない」、「クレジットカードの審査合格まで時間がかかる」といったデメリットが挙げられます。

ですがキャリア決済の場合、「携帯電話を契約していれば誰でもすぐに利用できる」という恩恵を受けることができるのです。

キャリア決済現金化は土日祝日でも可能

キャリア決済現金化は土日祝日にも対応しているため緊急時であっても利用できます。

そのためクレジットカードの利用限度額をすでに使い切ってしまった場合、例えば週末の旅行や買い物、冠婚葬祭で必要な資金を工面したいという人にオススメです。

ただし以下2つの点に気をつけてください。

  1. 土日祝日も対応しているキャリア決済現金化業者を利用すること
  2. ご自身の銀行口座に即日反映される振込先を利用すること

せっかくキャリア決済を現金化できても入金が即日反映されなければ本末転倒。

モアタイムシステムによりほとんどの銀行は土日祝日も振込反映可能ですが、一部の地方銀行、信用金庫はモアタイムシステムに非対応となっているため、振込先で指定する銀行の状況には十分に注意してください。

ちなみにオススメな銀行は「ゆうちょ銀行」です。

ゆうちょ銀行間の振込であれば土日祝日、また年末年始関係なくいつでも振込反映可能。

もちろん他ネットバンキングにも同じことをいえますが、ゆうちょ銀行はどの地域でもかならず1店舗はありますので、その利便性の高さから一押しとさせていただきます。

キャリア決済現金化は即日振込対応

キャリア決済現金化とは、業者の指定する商品をキャリア決済で購入し、そのあと商品を買取してもらうことで買取代金が入金される仕組みです。

もちろん買取代金は即日振込。

キャリア決済現金化には「審査がない」「土日祝日でも対応」というメリットがあるため、消費者金融から借入するより利便性は高く、即日でどうしても振込対応して欲しい人におすすめです。

キャリア決済現金化は日本全国どこからでも利用できます

キャリア決済現金化の基本パターンは、キャリア決済で購入した商品を買取してもらうという流れです。

この流れはオンラインで完結するので、スマートフォン、タブレット端末であれば購入から買取までの全ての手順を進めることが可能。

また全ての手続きがオンラインで完結するということは、日本全国どこからでも利用できるということです。

もちろん店舗によっては対面式で直接取引をおこなうこともできます。

キャリア決済現金化は借入より利便性が高い金策術

緊急で現金が必要な際、消費者金融などから借入して一時的にお金を用意することも一つの有効な手段。

しかし消費者金融を利用したくない、また消費者金融の借入サービスの利息が高いなどの懸念がある人もいるかと思います。

キャリア決済現金化の場合、借入することなく即日で現金を受け取れ、尚且つ支払いを翌月に繰り越すことができます。

審査がないため即日で現金を用意できることや借入の返済に追われることもありません。

そのためキャリア決済現金化は消費者金融からの借入よりも非常に利便性の高い金策術と言えます。

携帯電話二台持ちでキャリア決済を現金化

キャリア決済は端末ごとに利用できる仕組みとなっています。

つまり携帯電話を二台持っている人は、二枠分のキャリア決済を利用できるということ。

携帯電話を複数台持っている人は、キャリア決済現金化の効果をより高めることができるんです。

例えば携帯電話Aで利用限度額30,000円分を使い切ったとしましょう。

ですがもう一つの携帯電話Bで30,000円分をさらに利用することが可能なのです。

ただし翌月の請求は二台分の携帯電話料金に加え、二台分のキャリア決済額が合算されるため、支払いに余裕のない人は控えた方がいいです。

万が一支払いが遅れてしまうと、携帯電話の契約に対する信用に傷がつき、サービスの利用を制限されてしまう可能性が出てきます。

支払いに関しては十分に注意しましょう。

現金化を最速でおこなうおすすめネットバンク3選

キャリア決済現金化を最速でおこなうためには、平日はもちろんのこと15時以降、土日祝日、年末年始に振込反映できる銀行口座を開設しておく必要があります。

モアタイムシステムで多くの銀行が24時間振込サービスに対応しましたが、それでもGWや年末年始は例外となることが多いため、結果的にようやく3日、4日後に現金を手にできたということにもなり兼ねません。

現金を必要としている日にちまでに一週間以上の余裕がある人は、以下ネットバンクを開設しておくことをオススメします。

  • ゆうちょ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

この3銀行であれば即日で振込を反映させることができます。

開設手続きが多少面倒ですが、後々のことを考えると今のうちに上記3銀行のいずれかを開設しておいた方がよいでしょう。

キャリア決済現金化の注意点

緊急で現金が必要なとき、キャリア決済現金化という手段で一時的に現金を手にする行為は、あくまで資金繰りの最終手段と考えてください。

なぜなら各携帯電話会社の利用規約に「規約違反」と記載されているからです。

キャリア決済現金化を利用しても基本的に携帯電話会社にバレることはありません。

ですが携帯電話料金の支払いに遅れが生じたり何度も滞納してしまうと、携帯電話の契約に対する信用に傷がつき、最終的には強制解約させられる可能性だって考えられます。

またキャリア決済の支払いは一括払いしかできないため、無計画での利用は得策とは言えません。

キャリア決済現金化は便利なサービスですが計画性をもった上で利用してください。

キャリア決済現金化で抑えるべきポイント

キャリア決済現金化で抑えるべきポイントは以下の3つ。

  1. キャリア決済現金化はオンラインで完結できる上に即日振込可能
  2. キャリア決済現金化には審査がないため、即金を希望するときにオススメ
  3. 「ゆうちょ銀行」、「楽天銀行」、「ジャパンネット銀行」を開設しておくと便利

金欠時に役立つキャリア決済現金化のサービス内容について詳しく紹介してきました。

参考になりましたでしょうか?

キャリア決済現金化は住んでいる場所に関係なくいつでも利用可能なため、今すぐ現金を用意したいという人にオススメです。

ただし翌月には、キャリア決済で利用した代金が携帯電話料金と合算した状態で請求されますので、キャリア決済現金化は計画的に利用しましょう。