東京オリンピック閉会式の花火の時間は何時から?見れる場所はどこ?

8月8日に東京オリンピックの閉会式が行われます。そこで花火が打ち上げられるのか気になりますよね。
開会式では盛大な花火が国立競技場であがりました。
そこで今回は

・東京オリンピック閉会式2021の花火はあるのか
・東京オリンピック閉会式2021の花火の時間は何時から?
・東京オリンピック閉会式2021の花火が見える場所や位置は?

について調査しました。

東京オリンピック閉会式2021の花火はあるのか

閉会式で花火が打ちあがるのかどうかは情報がなく確実なことは分かりませんでした。開会式ではリハーサルで花火が上がっていたようですが、閉会式のリハーサルで花火が上がってたいという情報はありませんでした。

しかし、過去に行われた、リオオリンピック、ロンドンオリンピック、北京オリンピックでは閉会式で盛大に花火が打ち上げられています。このことからも今回の東京オリンピックの閉会式でも花火が打ち上げられる可能性は高いのではないでしょうか。

閉会式のリハーサルではドローンライトショーの練習の目撃情報はありました。もし、花火が打ち上げられない場合は、花火に負けない盛大なドローンライトショーが行われるという可能性も考えられます。

東京オリンピック閉会式2021の花火の時間は何時から?

東京オリンピックの閉会式は午後8時から午後10時半まで行われる予定です。
ロンドンオリンピックでは閉会式のフィナーレで聖火の消灯とともに盛大な花火が打ち上げられてようです。

リオオリンピックでは閉会式の開幕とともに花火が打ち上がり、ロンドンと同じく聖火の消灯時にも盛大な花火が打ち上げられています。

このことを踏まえると、閉会式の開幕時か聖火の消灯時にフィナーレとして花火が打ち上げることが予測できますよね。

しかし近隣住民への騒音問題などを考えるとフィナーレでは午後22時付近に花火を打ち上げることになるので難しいのではないかと思います。
なので、閉会式の開幕時である、午後8時付近で花火が打ちあがるのではないかと予測できます。

東京オリンピック閉会式2021の花火が見える場所や位置は?

花火が上がるとしたら国立競技場というのは確実なので、国立競技場周辺の道でも花火をみることはできそうですよね。しかし、国立競技場周辺は交通規制や警備が厳しい上に密になる可能性もあります。そして近すぎると花火全体は見えない可能性もあるので少し離れた場所から国立競技場が見えるスポットを紹介します。

・三井ガーデンホテル神宮外苑

こちらのホテルは国立競技場のすぐ側にあります、テラスから国立競技場が眺められたり、国立競技場ビューのお部屋もあります。上層階に宿泊すると全体像が綺麗に見えそうですね。

・リッツカールトン東京

こちらのホテルは六本木にありので場所は少し離れますが、カールトンスイートというお部屋からは国立競技場が見えるようです。少し離れているので全体的に眺めることができますね。

・新宿高島屋13階

新宿高島屋の13階は屋上テラスになっているレストラン街です。こちらの屋上てテラスからも国立競技場が見えます。食事をしながら閉会式の様子を眺めるのも良さそうですね。

できるだけ密集しない場所で安全に閉会式の様子をみることができるといいですね。

まとめ

今回は東京オリンピックの閉会式で花火は何時から打ちあがるのかを調査しました。
以下がまとめになります。

・閉会式で花火が打ち上げられる可能性は高い
・花火が打ちあがる時間は閉会式開幕時の午後8頃と予測
・花火が見える場所は国立競技場周辺のホテルやレストラン

ビックイベントである東京オリンピックの閉会式が今回は無観客となってしまいました。せめて花火だけでも生でみてみたいですよね。周辺のホテルに宿泊してみるなどするともしかすると花火が見れるかもしれませんね。

以上、最後まで閲覧ありがとうございました。