金欠で貧乏暮らし?金欠を解消したいならキャリア決済現金化が便利!
なぜかいつも金欠になってしまう。

同じ収入なのに金欠になる人、ならない人の差は一体どこにあるのでしょうか?

今回の記事では、金欠に陥ってしまう人の特徴やすぐに実践できる金欠解決策を紹介していきます。

またどうしてもお金に困ったときに利用したい金策術の最終手段、「キャリア決済現金化」についても触れていきますので、今の金欠状態から抜け出したいと考えている人はぜひこちらの記事を参考にしてください。

金欠で貧乏暮らしをする人には必ず理由がある

収入は人それぞれですが、同じような収入でもお金に困らない生活ができる人と金欠に苦しむ生活しかできない人に二分されます。

もちろんお金はあるだけあった方が裕福に暮らせますが、収入の低さが金欠になる直接的な要因でないことが分かりますよね?

金欠になってしまう人には必ず理由があるのです。

「使いすぎてしまう」という単純な理由が・・・

お金の使いすぎ

目標を持って勉強している、必要経費が必要ということで金欠を強いられてしまう人もいますが、特に将来への自分投資もしていない環境で金欠になるのは絶対に「使いすぎ」が原因なのです。

お金に対する価値観は個人によって異なりますが、収入と支出のバランスを考えられないことで金欠に陥ります。

金欠で貧乏暮らしをしている人で「もうこんな貧乏から抜け出したい・・・」と考えるのであれば、根本的なお金の使い方を一から考え直す必要があるでしょう。

自分の生活を見直して「生活する上での必要最低限のお金」「使えるお金」をしっかり把握し、自分の欲求をコントロールしながら生活していく心構えが求められます。

これができない限り金欠貧乏生活から抜け出すことはできません。

年を重ねるごとに金欠が悪化し、さらなる金欠を引き寄せる「借金地獄」に陥ってしまう危険性も高くなります。

金欠で貧乏暮らしをする人ほど金遣いが荒い

お金がないことを気にしないまま安易に使ってしまう金欠貧乏さんにはある共通の特徴があります。

それは自分の使えるお金を把握していないこと。

使えるお金の範囲を明確にしていないため、自分の欲求に従ったお金の使い方をしてしまう。

そのため結果的に給料日前にはジリ貧状態になるのでしょう。

要は「無計画」過ぎるんですよね。

無計画

「金欠で貧乏なら節約してお金を確保すべき!」というのが一般的な考え方。

しかしどういう訳かお金に困る生活を送っている人の多くは、お金の使い方が荒く金欠が基本の生活になっています。

金欠を挽回できる目途もないのに、なぜか「何とかなる!」という根拠のない自信に満ちてしまうのです。

金欠でもここまで生活できている経験が悪い影響を引き起こしている状態だからでしょう。

金欠貧乏がつい使ってしまうお金とは?

お金に困る人の多くは「無駄使い」が多い傾向にあります。

使わなくていいものに躊躇なくお金を使ってしまう悪い癖ですね。

具体的な「金欠なのについ使ってしまうお金の用途」を解説していきますので、金欠貧乏に悩んでいる人は自分に当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

心当たりのある項目を見つけたら、少しでも金欠を解消するために、また今後の生活の見直しのために一度よく考えてみましょう。

ギャンブル

ギャンブル

金欠貧乏の中で最も厄介なのがギャンブル好きの人ですね。

金欠だと分かっていても「当たるかもしれない!」という不明確な大金確保への期待が出てしまうため、ついついギャンブルにお金を使ってしまいがち。

一発逆転は奇跡です。

金欠生活を改善したいのであればギャンブルを辞めるのが一番効果的ですが、どうしても辞められないのならギャンブルに使うお金も「使える範囲での金額設定」をしていきましょう。

夜のお店

キャバクラ

お気に入りの女の子や振り向かせたいキャバ嬢がいる人も金欠なのにお金を使ってしまうタイプになります。

お金がないのに女の子からの「お店来てコール」に負けてしまい、消費者金融やカードローンに手を出してまで通いたくなってしまう。

どんなに好意や興味を持っていても相手は仕事であることを自覚し、「使えるお金の範囲内で遊べる場所」という強い意識を持って対応すべきところです。

コレクター

コレクター

コレクションするほどにハマっている趣味がある人は、レア商品を目の当たりにすると金欠でもすぐに手に入れたいと思ってしまいますよね?

趣味は人生を楽しませてくれる好材料ですが、趣味のために生活がきつくなるのは決して良いことではありません。

自分の収入の範囲内でコレクションを楽しんでこそ本物のコレクターです。

人生と趣味は繋がっているように見えますが、どこかで線引きすることも金欠対策になるでしょう。

友人との付き合い

友人との付き合い

気の合う仲間たちとの付き合いは日常生活のストレス発散になります。

仲間がいることはそれだけで人生の財産。

ですが個人によって「使えるお金」は違います。

友人に合わせたくても自分の使えるお金の範囲を超えるようであれば、付き合いの回数を調整するなど堅実さが必要です。

楽しい時間を共有したい気持ちが強く、金欠でもつい誘いがあれば出向いてしまう人もいますがここが頑張りどころ。

これからも楽しい付き合いができるよう、自分の生活基盤を守る姿勢も大切なのです。

恋人への奉仕

彼女にプレゼント

好きな人を喜ばせたい、振り向かせたいといった気持ちは分かりますが無理はNG。

恋人に対して金欠になるほどお金を使ってしまうことは、2人の関係にも悪影響をもたらします。

見栄を張りたくなる気持ちも分かりますが、どこかで制御をかけなければ金欠地獄の繰り返し、いつまで経っても貧乏生活になってしまいます。

無計画による謎の出費

無計画による謎の出費

お腹が空いたときのコンビニ、お財布の紐が緩みがちな旅行先などは要注意。

使えるお金を予め決めておかなければ、気づいたときには「何に使ったか分からないけどお金がない・・・」という状態になってしまいます。

貧乏暮らしを抜け出すには身の丈に合った生活をする

お金がない生活は生きることができても精神的な負担は相当大きいはず。

何とかなる精神で乗り越えようとしてもふと現実を目の当たりにしたとき、言葉にならない不安に襲われることもあるでしょう。

お金がなくても生きていけますが、お金がないことで辛く感じる場面に何度も遭遇してしまいます。

辛い経験が増える度に惨めな気持ちになってしまい、いつのまにか卑屈な人間になってしまうことも。

生きることはできても「つまらない人生」になってしまうでしょう。

つまらない人生

将来の見えない金欠人生から抜け出すためには、「身の丈に合った生活、身の丈にあったお金の使い方」が必要不可欠。

今の状況をしっかりと把握して将来の設計をしっかり立て直さなければ、正直この先の未来に明るい光は見えません。

今は何とかなってもいつか行き詰る日がやってきます。

本気で生活を変えたいのであれば、一念発起して生活状態の改善をする強い意志と行動が必要なのです。

決められた収入でやり繰りするためのポイント

身の丈に合った生活をするために重要な最大の条件は「収入と支出のバランス」です。

金欠改善のために努力次第で収入を増やせるのであればそれも1つの金策になるでしょう。

しかし収入額を上げることは想像以上に難しいこと。

毎月決められた収入の中でやり繰りするしか方法がないことがほとんどです。

神頼みやギャンブルでお金を増やそうとする一か八かの金策ではなく、決まっている収入の中でやり繰りすることこそ最も効率的で堅実な金策方法になります。

お金のやり繰り

決まった収入の中でやり繰りするために必要な5つのポイントを紹介していくので、とにかく試してみてください。

金銭感覚とお金の使い方の軌道修正ができるようになり、金欠貧乏からの脱出口になるはずです!

お給料が入ったらまず「仕分け」

給料日には家賃、食費、光熱費、携帯電話代、職場への交通費など、「使うことが決まっているお金」を最初に仕分けましょう。

残ったお金が「使っても大丈夫な金額」になります。

使う前に仕分けをしてしまうことで自分の生活水準を把握することができるようになり、自然と節約意識も芽生えてきます。

予算オーバーしたら他の出費で賄う

どうしても欲しいものがあって買ってしまった、予定よりも仕分けしたお金が足りなくなったなど、当初計画した予算をオーバーしてしまうケースが出てくることもあるでしょう。

それは仕方ありません。

そこで大切なのは「予算オーバーしたときの補い」です。

携帯電話代が高くなったのであれば少し使えるお金を減らす、高額な買い物をしたのなら外食を減らすことで食費を節約するなど、どこかで帳尻を合わせる気持ちを持ちましょう。

必要な物の見極め

欲しいものと出会ったからといってすぐに購入するのは絶対にNG。

そのときに決めなければ手に入らないものもあるかもしれませんが、いったん深呼吸しましょう。

そして自分の心に聞くのです。

「これは本当に欲しいものなのか?本当に必要な物なのか?」と自問自答してください。

この一作業を入れるだけで結果的に大きな差額を生み出すこともあります。

欲求の制欲

日常生活においてお金を使いたい場面は度々やってくるでしょう。

しかしその欲求すべてに従っているようではあっという間に金欠になります。

3つ欲しいものがあれば2つにする、2つ欲しいものがあれば1つにするなど、小さなことからでもいいので自分の欲求をコントロールする力量を身に着けることも大切です。

急な出費に備えた貯蓄

冠婚葬祭、不慮の事故など、人間社会で生きている限り「急な出費」は付き物です。

「そのときになってから金策を考える」のでは遅いので、普段から備えを作る意識を持っておきましょう。

急な金策でお金のバランスが一気に崩れ、翌月以降も「支払いと金策」の影響により金欠貧乏スパイラルに巻き込まれるリスクがでてしまうからです。

毎月1,000円でも5,000円でも可能な範囲で貯蓄することを心掛けましょう。

資金面での一時的な繋ぎならキャリア決済現金化が便利

節約意識の高い堅実な生活をしていたとしても、急にお金が必要になってくることもあります。

いざというときの貯蓄があればいいのですが、貯蓄を始めたばかりなら金額が足りないこともあるでしょう。

そんな金欠貧乏さんの一時的な繋ぎには「キャリア決済現金化」をおすすめします。

一時的な金策として親や友人、業者からの借入も考えると思いますが、信頼を失うリスクや即金を用意できない可能性もあるため得策とは言えません。

そこで活用したいのがキャリア決済現金化。

誰にも知られることなく、審査時間も不要で即金を手にすることができる金策。

キャリア決済現金化

使った分のお金は翌月の携帯電話料金と合算請求になるので、支払い忘れもないというメリットがあります。

ちょっと困った程度の金欠時には、安心して利用できるキャリア決済現金化で乗り越えてください!

キャリア決済現金化とは?

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手携帯キャリアで利用できるキャリア決済の決済枠を現金に換えるサービス。

キャリア決済で購入したギフト券などを業者に買取ってもらい即金を作る手法ですね。

利用限度額は各携帯キャリアの契約状況や設定によって異なりますが、最大で100,000円ほど利用可能。

支払いは翌月の携帯電話料金と合算して支払う流れとなるため、誰にも知られることなく簡単に金策できます。

ただし携帯電話料金の支払いに未納や延滞があると利用できないので要注意。

日ごろから携帯電話の支払いをスマートにしておくことで、いざというときの大きな助っ人になってくれます。

使えるお金の範囲内で普通に生活することを心掛ける

金欠貧乏からの脱出の根本は「使える範囲内のお金での生活」です。

豊かな生活

人間は欲がたくさんあり、世の中には誘惑もたくさんあります。

しかし自分の身の丈と収入をわきまえた生活を心掛けなければ、一時的な欲求を満たすために人生そのものに大きな代償を抱える結果となるのです。

いざというときの金策を用意しておくことは精神的な余裕に繋がりますが、いざというときでもないのに金策を実行するような生活では貧乏の繰り返しに・・・。

華やかな生活や潤いのある毎日に憧れはあっても、「先の続く人生を生きている」ことを自覚し、「今」ではなく「人生そのもの」を豊かにするための意識を持つことが自分に合った穏やかな生活を送るコツになります。

不安要素を少しでも排除し、実りある有意義な人生を送っていきましょう!

RANZUKI編集部
RANZUKI編集部
RANZUKI編集部は携帯キャリア決済現金化に関するさまざまな情報を発信していきます。また「この情報間違ってるよ。」「この内容だと分かりにくい。」などのご意見が御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。次回の更新時に修正させて頂きます。何卒宜しくお願い致します。