iTunesコードをギフトで貰ったときの使い方を紹介

iTunesコードをギフトとして受け取ったけど、どうやって使えばいいの…?

使い方がいまいちわからない…

そんな方にオススメするiTunesコードの有意義な使い方について説明します!

iTunesギフトコードって何?使い方が分からない…

iTunesギフトコードって何?

今ではiTunesコードをギフトとして贈り合うことも珍しくありません。

贈る側の利便性や実用性などから、多くの人がiTunesコードをギフトとしてプレゼントし、受け取った人はiTunesコードを有意義に活用しています。

ですが、初めてiTunesコードをギフトとして貰った場合、使い方が分からないこともありますよね?

そもそも、登録方法が分からなければ、ただの無意味なコードになってしまいます。

また、iTunesコードをアカウントに登録することはできたけど使い方が分からない…という方もいます。

そんな方達のために、iTunesギフトコードの使い方、活用方法を詳しく説明していきます。

iTunesギフトコードとは?

iTunesギフトコードとは?

メールアドレス宛に送られてきた16桁のコード。

それはiTunesコードと言います。

iTunesコードとは、そのコードの中に金額が入っていて、端末に登録(チャージ)することで様々なサービスに利用することができます。

iTunesコードは、携帯ショップやコンビニ、量販店など様々な店舗で購入できるプリペイド式のiTunesカード、各携帯キャリアのオンラインショップから購入できるiTunesコードの2種類に分かれます。

購入した後、その金額を端末にチャージするために必要な16桁の専用コードをゲットすることができるのです。

もし、知り合いからあなた宛てにコードが送られてきたのであれば、ギフトとしてプレゼントされたと言うことになります。

金券として利用するのではなく、対象端末内にコードを入力し、チャージした分の金額を様々なサービスに利用するシステムなので、せっかく頂いたiTunesコードですから実用的に活用したいですよね。

iTunesギフトコードの登録方法

1. メールアドレス内に埋め込まれているコードを全てコピー

2. メールのページを閉じてiTunes Store・App Storeいずれかを開きます

3. Topページの画面を下までスクロース

4. 「コードを使う」をタップ

5. Apple IDのパスワードを入力、サインインをタップ

6. 「コードをキーボードで入力する」をタップ

7. コピーしたコードを貼り付けます

8. 右上の「コードを使う」をタップ

9. 「お使いのApple IDに¥○○追加されました。残高は¥○○です」と表示されれば登録完了

iTunesギフトコードの使い方

iTunesギフトコードの使い方

iTunesギフトコードの使い方は様々ですが、利用できる主なアプリは、音楽や映画を楽しめるiTunes Store、有料アプリも提供しているApp Store、書籍の購入ができるibooksです。

iTunes Storeで音楽や映画のレンタル・購入

iTunes Storeでは数多くの楽曲、映画が提供されています。

しかし、無料で楽しめるのは音楽の視聴のみです。

音楽のダウンロード、映画を購入やレンタルにはお金がかかります。

ですが、ギフトとして受け取ったiTunesコードを使うことで、その残高の範囲内での利用が可能になります。

これまで、曲は買いたいけど諦めていた人や、映画を楽しみたいけどダウンロードできずに諦めていた方は、是非この機会にiTunesギフトコードを利用してみてはいかがでしょうか?

iBooks Storeで書籍を購入

以前に比べ、単行本を持ち歩いて読書を楽しむ人も少なくなりました。

決して読書する人が減ったのではなく、読書する方法が変わったのです。

今では、カバンの中に本を入れずともiBooks Storeで書籍を購入することで、スマートフォンからでも読書を楽しむことができます。

ギフトとして受け取ったiTunesコードを使えば、わざわざ店舗まで本を買いに行く手間も省けます。

近々新たな本を購入しようと思っている方は、まずiBooks内で書籍を探してみてください。

そこで目当ての書籍があれば、金額が記載されているボタンをタップするだけで、チャージした残高から自動的に支払いがおこなわれ、すぐに読書を楽しむことができます。

App Storeで有料アプリの購入

無料のアプリでも十分楽しむことはできますが、有料だけど一度試してみたい…と感じたアプリもあるかと思います。

無料アプリと有料アプリの違いは、遊べる範囲が増えることや、機能性がより高まるという点です。

仕事中に利用しているアプリは、内課金でさらに使いやすくなるケースもあります。

アプリの利便性を求めるなら、頂いたiTunesギフトコードを有料アプリの購入に使ってみてはいかがでしょうか?

アプリのインストールは、App Storeから金額ボタンをタップすることで、チャージ残高から金額が差し引かれ、インストールが開始されます。

もともとインストールしているアプリをバージョンアップしたい場合は、アプリ内で課金することができます。

この時も、チャージ残高から支払うことができるので安心して利用してください。

ゲーム内の課金に使う

もはやこのためにiTunesカードを自分で購入しているという方も少なくありません。

ゲームをインストールするのは無料、ゲーム内の遊びも無料だけど…やればやるほどレベルアップさせたくなります。

そのために必要なことは時間ではなく、どれだけ課金をするかといっても過言ではないでしょう…。

有名どころだとCMでもお馴染みのパズドラやモンストですね。

アイテムを購入するため、ガチャをするため、色々な手法で課金させる天才アプリだと思います。

こうしたゲーム内の課金に使用したいという方は、有意義にitunesギフトコードも利用していいと思います。

お金の使い道は自由です。

自分がそのお金で楽しめるのなら全然アリです。

ゲームの課金でなくても、画像編集アプリの機能拡張やアプリ内の煩わしい広告の削除にもiTunesギフトコードは利用できるので、課金と言っても様々な使い道があることは知っておくもいいですね。

色々なiTunesギフトコードの使い方

色々なiTunesギフトコードの使い方

iTunesコードをギフトとして受け取った後の使い方は人それぞれです。

さまざまなサービスで利用できるので、贈られてきたコードを上手に活用しましょう。

ちなみに、iTunesコードには使用期限の設定がありません

好きなときに利用することができますので、何に使うかゆっくり考え、有意義に利用しましょう。

RANZUKI編集部
RANZUKI編集部
RANZUKI編集部は携帯キャリア決済現金化に関するさまざまな情報を発信していきます。また「この情報間違ってるよ。」「この内容だと分かりにくい。」などのご意見が御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。次回の更新時に修正させて頂きます。何卒宜しくお願い致します。