iTunesのデータをバックアップ、復元する方法

大切なデータを守るためにもバックアップは大切です。

突然、携帯電話やパソコンが壊れてしまい、データ自体が消えてしまったらどうしますか?

もちろん復元させる方法を必死に探しますよ?

そうならないためにも大切なデータをきちんとバックアップしておくことが大切です。

そこで今回は、iTunesのデータのバックアップ、復元方法について紹介します。

iTunesのデータをバックアップする方法

iTunesのデータをバックアップする方法

iTunesのデータをパソコンに保存しておくのも良いのですが、より安全にデータを守るためには「外付けハードディスク」を用意し、そこへ保管させるのがもっとも安全な対策です。

パソコンが壊れたときでも外付けハードディスクにデータを保存しておけば復元を容易におこなえます。

それでは詳しく見ていきましょう。

最新のiTunesをインストールorアップデート

まず、パソコンに入っているiTunesを最新バージョンにアップデートします。

もし不具合が起きて正常に作動しない場合は、アンインストールをおこなった上で最新バージョンをインストールしましょう。

問題なくiTunesが動作していることを確認してからバックアップ作業をおこないます。

パソコンと同期させる

パソコンと携帯電話の間でファイル転送が出来るか確認しましょう。

同期をしていない、もしくは、不具合がある場合、最初から同期し直す必要があります。

数回試しても上手くいかない場合は、上記の「最新のiTunesをインストールorアップデート」を試して下さい。

その後、パソコンと携帯をUSBケーブルで繋ぎ同期の確認をおこないます。

ファイルの転送【iPhone→パソコン】

同期した後、iPhoneやiPadに入っている音楽や動画などのファイルを転送するのですが、パソコンにハードディスクを繋いである場合は、そのままパソコンを経由して外付けハードディスクにファイルの転送が可能です。

ハードディスクを用意していない場合は、一旦パソコンに保管しておきましょう。

実際にファイルを転送する方法ですが、メイン作業はパソコンからおこないます。

まず、explorer(Windows)またはFinder(Mac)を開き、iPhoneやiPadに入っているファイルをコピーして下さい。

その後、任意のフォルダーに貼り付ければ完了です。

ドラッグすることで複数のファイルを一度に移せますし、フォルダーごともコピー&ペースト出来ます。

外付けハードディスクにデータ転送

パソコンに保管してあるファイルを外付けハードディスクに転送する方法ですが、難しい操作は一切必要なく、誰でも簡単におこなえますので安心して下さい。

まず、外付けのハードディスクの電源を入れ、USBケーブルでパソコンと繋ぎましょう。

オート起動の場合、これだけでデータの転送が完了します。

ただ、外付けハードディスクの中には、ボタンを押さないと起動しないタイプもありますので、explorer(Windows)またはFinder(Mac)に表示されていなければ起動ボタンを押して下さい。

※ボタンの場所はハードディスクの説明書でご確認下さい。

バックアップデータをiTunesに復元する方法

バックアップデータをiTunesに復元する方法

ここからは、パソコンが壊れてしまい新しくiTunesをインストールした場合や、新しくパソコンを購入した際にデータを復元する方法について説明します。

パソコンと接続する前の注意点

iTunesのバックアップをおこなう前に、必ず最新バージョンのiTunesがインストールされているか確認しましょう。

そもそも、iTunesがインストールされていない場合もありますので、必ず最新バージョンのiTunesをインストールしておいて下さい。

最新のプログラムデータはApp Storeにありますのでダウンロード&インストールをおこないましょう。

iPhone・iPadの復元

iPhone(iPadも同様)が動作しないと言った問題があるときは、まずiPhoneを工場出荷時の状態に初期化する必要があります。

まず、iPhoneに備わっている「iPhoneを探す」機能を無効にしましょう。

その後、iPhoneとパソコンを接続し、iTunesを起動させ、「概要」タブの「iPhoneを復元」をクリックします。

バックアップが済んでいる場合は「バックアップしない」を選択し、「復元」をクリックしましょう。

外付けのハードディスクに保管せずにバックアップ作業をおこなっている場合は、その後の「アップデート設定」から操作を続けて下さい。

パソコンが使えないときはiPhone単体でも初期化が可能です。

ファイルの転送【パソコン→iPhone】

外付けハードディスクをパソコンに接続し、パソコンとiPhoneも同様に接続します。

後はパソコン上からファイルを転送するだけです。

explorer(Windows)またはFinder(Mac)を開き、ハードディスクに保管してあるファイルをiPhoneの任意フォルダーに移動させて下さい。

移動が終わった後はUSBケーブルを全て外し、iPhoneでファイルを開き動作確認をおこないましょう。

iTunesのデータをバックアップ、復元する方法まとめ

iTunesのデータをバックアップ、復元する方法まとめ

以上がiTunesのデータをバックアップして復元する方法になります。

如何でしたでしょうか?

文章での説明だと難しく感じてしまうかもしれませんが、実際の操作時間は約5分~10分と簡単な作業になります。

急なトラブルに備え、iTunesのデータをバックアップしておくことをおすすめします。

RANZUKI編集部
RANZUKI編集部
RANZUKI編集部は携帯キャリア決済現金化に関するさまざまな情報を発信していきます。また「この情報間違ってるよ。」「この内容だと分かりにくい。」などのご意見が御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。次回の更新時に修正させて頂きます。何卒宜しくお願い致します。