現金化初心者必見!auかんたん決済を現金化するメリットについて徹底解説

「auかんたん決済ってどんなときに利用すればいいの?」

「auかんたん決済を現金化するってどういうこと?何かメリットがあるの?」

このようなauかんたん決済に対する疑問は多いと思います。

そこで今回はauかんたん決済に焦点を絞り、auかんたん決済を現金化するメリットについて詳しく紹介していきたいと思います。

現金化初心者の人にとっては必見の内容ですよ。

auかんたん決済ってどんなサービス?

そもそもauかんたん決済がどのようなサービスなのかわからない人のために、auかんたん決済の概要について触れていきたいと思います。

auかんたん決済とは、auのスマホやiPhone、パソコンなどで購入したデジタルコンテンツ、ショッピング代金などを月々の携帯電話料金と合算して支払うことができる便利なシステム。

キャッシュレス決済の一種でもありますね。

お手持ちの携帯電話から簡単に決済できる点が注目され、年々需要が高まっている最新の決済方法です。

auかんたん決済の限度額について

支払い時の手間を省くことができる便利なauかんたん決済ですが、auかんたん決済で利用できる限度額はどれくらいなのでしょうか?

下記表は年齢に応じたauかんたん決済の利用限度額です。

年齢利用限度額
〜12歳〜1,500円
13〜17歳〜10,000円
18〜19歳〜20,000円
20歳以上〜100,000円

auかんたん決済の利用限度額は基本的に年齢別で設定されています。

ただし自分自身で利用限度額を決めている人は、そちらの限度額が優先的に適用されることも覚えておきましょう。

限度額の変更はauのホームページから設定できるので確認してみてください。

auかんたん決済の支払いサイクル

auかんたん決済で使った代金は携帯電話の通信料金と合算された状態で請求されるため翌月の携帯電話料金と一緒に支払います。

いわば翌月の後払い。

auかんたん決済は毎月1日から月末までの利用料金を翌月25日に支払いますよね?

この翌月25日に前月使ったauかんたん決済の利用代金も支払うのです。

万が一支払いが延滞してしまった場合、auショップから後日届く振込用紙を待つかインターネットから振り込むかのどちらかになるので注意してください。

また延滞期間中はauかんたん決済を利用できませんのでこの点も注意しましょう。

auかんたん決済を現金化する仕組みについて

「auかんたん決済を現金化?そんなこと本当にできるの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

現金化という言葉はあまり馴染みがありませんからね。

簡単に説明するなら「auかんたん決済現金化」というサービスは、「auかんたん決済の決済枠を現金に換える」というもの。

あまり知られていないのですが、実は簡単にauかんたん決済を現金化することができるんですよ。

auかんたん決済を現金化する手順は以下の通り。

  1. 手順①:現金化業者のホームページから申込手続きをおこなう。
  2. 手順②:業者から指定された商品をauかんたん決済を使って購入する。
  3. 手順③:購入した商品を業者に買取してもらう。
  4. 手順④:申込者の指定した振込先に買取代金が入金される。

たったこれだけの手順でauかんたん決済を現金化することができます。

オンライン版リサイクルショップだと認識してください。

auかんたん決済現金化に違法性はありません

auかんたん決済を現金化したくても違法性を心配してなかなかサービスを利用できない人もいることでしょう。

ですが安心してください。

まず結論からお伝えすると、auかんたん決済を現金化しても法律に違反することはありません。

違法性はまったくないのです。

ただしauの定める利用規約には違反してしまうので注意してください。

下記はauかんたん決済の利用規約です。

第5条 (本サービスの利用の制限、停止等)
29.以下の各号のいずれかの事由が生じた場合等には、当社又はクレジットカード会社は、該当した会員に係る債権の譲受けに応じず、当社は、提携事業者債権譲渡若しくはクレジットカード債権譲渡を行わず、又は本回収代行を行わない場合があります。この場合、代金は加盟店若しくは当社から請求され、又は商品等の取引に係る申込が撤回されたものとして取り扱われる場合があることについて、会員は予め同意するものとします。


⑥換金を目的とした商品等の取引の疑いがある場合等、会員の本サービスの利用状況が不適当である、又はそのおそれがある場合

ここでポイント。

実際にauかんたん決済を現金化したからといって利用制限がかかる可能性が低いのも事実。

なぜなら商品を買って売るという行為はだれでもおこなっていることであり、それを一方的に換金目的と決めつけることはできないからです。

商品を購入した後の使い道は購入者の自由。

しかしごく稀にauかんたん決済を現金化したことがau側にバレてしまい、利用制限や携帯電話の強制解約など最悪のケースに繋がってしまうこともあります。

では一体なぜauかんたん決済を現金化したことがバレてしまうのでしょうか?

理由は単純。

携帯電話料金を滞納していたり、滞納による携帯電話会社からの連絡に応じなかった場合、当然ですが契約者は調査対象となり、auかんたん決済の利用履歴から少しでも疑わしい記録が見つかると利用制限や強制解約といった対処に繋がってしまいます。

といっても利用した代金を滞納しているなら仕方ないとしかいえないのですが・・・

これまでの説明でauかんたん決済を現金化しても法律に違反しないことは理解できましたよね?

また同時にauの定める利用規約に違反してしまう可能性があることもわかったと思います。

この点を踏まえ、auかんたん決済を現金化する場合は料金の滞納は絶対にしない、その上で自己責任で利用するようにしましょう。

auかんたん決済現金化のメリット・デメリットを把握しよう

auかんたん決済現金化は違法ではないにしろ利用規約に反してしまう可能性があるということを説明してきました。

ではauかんたん決済を現金化するメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

auかんたん決済を現金化する4つのメリット

auかんたん決済を現金化するメリットは次の4つ。

  • オンライン手続きだから誰にもバレない
  • 借入じゃないから信用情報に傷がつかない
  • 現金化した代金は翌月の携帯電話料金と合算して支払える
  • 審査もなく即日現金を振り込んでもらえる

このようなメリットがあり、消費者金融からお金を借りたくない人や第三者に金銭の問題を知られたくない人、またすぐにお金が必要な人にとってはauかんたん決済現金化するメリットは大きいといえます。

それでは各メリットについて詳しく見ていきましょう。

オンライン手続きだから誰にもバレない

auかんたん決済を現金化する際の大きな心配として、「auかんたん決済を現金化したことが携帯電話会社や知人、友人にバレてしまうのではないか?」という点が挙げられます。

ですが安心してください。

ほぼ100%の確率でauかんたん決済を現金化したことはバレません。

さきほども説明した通り、携帯電話料金を滞納したり滞納時の連絡を無視しなければ、携帯電話会社に現金化行為がバレる可能性は低いです。

また現金化業者とのやり取りはオンライン上ですべて完結するため知人や友人に知られることもありません。

デリケートなお金の問題を誰にも知られることなく解決できる点現金化特有のメリットだといえます。

借入じゃないから信用情報に傷がつかない

すぐに現金が必要となった時、消費者金融やカードローンから一時的に借入することを思いつく人は多いです。

しかし消費者金融からお金を借りると信用情報機関に情報が掲載されてしまいますよね?

さらに返済が滞ってしまうとブラックリスト入りしてしまう可能性もあります。

もしブラックリスト入りしてしまうと、今後家や車を購入する際のローンを組めなくなる危険性も生じてしまいます。

ですがauかんたん決済を現金化することで借入に該当することもなく、ご自身の信用情報に傷がつく心配もありません。

借入よりリスクを軽減できる点現金化のメリットといえるでしょう。

現金化した代金は翌月の携帯電話料金と合算して支払える

現金化した分の利用代金はその月の携帯電話料金とみなされるので翌月の支払いになります。

そのためちょっとした資金繰りを希望する人にとってはとても便利。

給料日までの繋ぎとして活用することもできますし、急な出費の工面に役立てることもできます。

支払いは翌月の携帯電話料金と一緒ですから、わざわざATMに出向いて振込作業をおこなったり、コンビニのマルチメディア端末で支払いをおこなう必要もありません。

翌月の携帯電話料金と合算して支払える点こそ、auかんたん決済現金化最大のメリットといえるのではないでしょうか?

審査もなく即日現金を振り込んでもらえる

auかんたん決済現金化の利用に審査はありません。

携帯電話を購入(分割購入)する際、すでに携帯電話会社の審査を受けているため、2重で審査する必要はないのです。

審査不要は今すぐ手元に現金を用意したい人にとって大きなメリットですよね?

現金化業者のホームページから申込手続きをおこない、必要作業を完了させたら早いと15分程度で買取代金が入金されます。

「今すぐお金が欲しいけど借入はイヤだ!」という考えの人にこそauかんたん決済現金化はオススメです。

auかんたん決済を現金化する2つのデメリット

上記ではauかんたん決済を現金化する4つのメリットについて解説してきましたが、auかんたん決済現金化には当然デメリットも存在します。

代表的なデメリットは次の2つ。

  • 支払いそのものを滞納すると携帯電話が止められる
  • 限度額の関係で現金化できる決済枠が少ない

それでは各デメリットについて詳しく見ていきましょう。

利用代金を滞納すると携帯電話が止められる

auかんたん決済で使った代金は毎月25日の携帯電話料金の支払い日に合算された状態で請求されます。

しかし25日に支払いできなかった場合はどうなってしまうのでしょうか?

この点については期日を1日でも過ぎてしまうとauかんたん決済を利用できなくなります。

再び利用できるようになる条件は以下の通り。

0:00~21:00 にお支払いの確認ができた場合

お支払い日の翌日13時~18時の間に規制が解除

21:01~24:00 にお支払いの確認ができた場合

お支払い日の翌々日13時~18時の間に規制が解除

このように期日を過ぎてしまってもしっかり支払いすれば翌日にはauかんたん決済を再び利用できます。

といっても携帯電話料金の支払日25日までには引き落とされる銀行口座にお金を入れておくようにしましょう。

限度額の関係で現金化できる決済枠が少ない

auかんたん決済の利用限度額は最大100,000円。

そのため100,000円を超える大きい金額を手元に用意したい場合、auかんたん決済を現金化するだけでは工面できません。

この点はauかんたん決済を含むキャリア決済現金化の一番大きなデメリット。

auかんたん決済を現金化する場合、日常生活におけるちょっとした資金繰りを目的に利用するのがオススメです。

auかんたん決済現金化はデメリットよりメリットの方が多い

ここまでの説明でauかんたん決済を現金化した場合のメリット、デメリットについては理解できたと思います。

もちろんどのようなサービスにもメリット、デメリットは存在しますが、auかんたん決済現金化においてはメリットが非常に多いサービスだといえますよね?

デメリットに関しても事前に理解していればそこまで大きな問題になることはありません。

「手元に現金を早く用意したいけど借金はイヤだ・・・」このような考えの人ならauかんたん決済現金化を効果的に活用できますよ。

auかんたん決済現金化は即金性に優れたサービス

これまで解説してきた内容は以下の通りです。

今回の記事で伝えたいこと
  • auかんたん決済のサービス内容
  • auかんたん決済を現金化する仕組み
  • auかんたん決済現金化の違法性について
  • auかんたん決済のメリット・デメリット

如何でしたでしょうか?

今回の記事でauかんたん決済現金化の利便性を理解していただけたと思います。

auかんたん決済現金化は即金性のある便利なサービスなんですよ。

しかもデメリットよりメリットの方が多いのも魅力。

ちょっとした資金繰りにぜひとも活用したいサービスです。

ただし翌月には必ず利用代金を請求されますので使いすぎには要注意。

収支のバランスを見ながら無理のない範囲内で現金化を利用してください。

auかんたん決済現金化は計画性を持って利用すれば借入なんかよりずっと手軽で便利に利用できるサービスだと覚えておきましょう。

RANZUKI編集部
RANZUKI編集部
RANZUKI編集部は携帯キャリア決済現金化に関するさまざまな情報を発信していきます。また「この情報間違ってるよ。」「この内容だと分かりにくい。」などのご意見が御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。次回の更新時に修正させて頂きます。何卒宜しくお願い致します。