エイジングケアでお肌の悩みを解決しよう!

年齢を重ねるにつれてよく耳にする「エイジングケア」

ですがエイジングケアとは、具体的にどのようなケアのことをいうのでしょうか?

まずこちらの動画をご覧ください。

今現在アンチエイジングとして、さまざまなエイジングケア化粧品が販売されています。

しかし効果を実感するには、エイジングケアの本当の意味を理解し、状態に合わせた化粧品を利用しなければなりません。

そこで今回は、「エイジングケアとは一体なんなのか?」その意味合いやケア方法を紹介していきたいと思います。

ぜひ今後の参考にしてください。

監修:田中 恵(たなか めぐみ)
田中 恵(たなか めぐみ)
日本化粧品検定の資格を持つ美容の専門家。複数の美容系メディアの監修をおこなう傍ら美容ライターとしても活躍中。
保有資格:日本化粧品検定

エイジングケアってなんだろう?

「エイジングケア」といっても、「しみ」、「しわ」、「たるみ」など、老化に伴って発生する悩みだと漠然とした理解しかしていない人がほとんどです。

ですが肌の老化は本当に、「しみ」、「しわ」、「たるみ」だけなのでしょうか?

「エイジングケアとは一体何なのか?」その意味を詳しく解説していきます。

エイジングケアとは?エイジングケアの基礎知識

エイジングケアをおこなう上で一番大切なのは「抗酸化対策」です。

紫外線や老化により肌にダメージが蓄積されることで、肌はどんどん老化していきます。

ですが逆にいえば、肌に蓄積されるダメージを減らすことで老化を防ぎ、いつまでも若々しい状態を保つことができるのです。

また紫外線や日々のダメージの蓄積で進行していくのが「酸化」

肌が酸化することで、「しわ」、「たるみ」、「毛穴の開き」など多くのトラブルが表れ始めます。

そのため有効な成分を肌に浸透させ酸化を防ぐことが、肌の老化を防ぎエイジングケアの効果をもたらしてくれるのです。

エイジングケアとは?エイジングケアの基礎知識

抗酸化のために有効な成分はいくつも存在します。

自分の肌に合った有効成分を化粧品やサプリメントで取り入れるなど、肌の悩みに合わせてケアしていくことが重要なのです。

エイジングケアに有効な成分とは?

エイジングケアには抗酸化作用のある成分が効果的です。

抗酸化作用があり持続性が特に強いのが「フラーレン」

フラーレンは肌に浸透することで蓄積されたダメージを解消し、抗酸化作用をもたらす効果も期待できます。

またフラーレンと合わせて、保湿成分である「リピジュア」、美白効果が期待できる「ハイドロキノン」が含まれた化粧品を利用することで、紫外線、乾燥、酸化対策を効率よくおこなうことができます。

エイジングケアに有効な成分

このような成分が含まれた化粧品は、アンチエイジングの化粧品に多く見かけますね。

自分の肌の悩みに合った成分が配合された商品を選ぶことで、エイジングケアをより効果的に実践できます。

エイジングケアを意識して化粧品を選ぶ場合、「配合成分」も重要だと覚えておきましょう。

お肌のサインを見逃すな!エイジングケアが必要なサイン

女性悩み

エイジングケアを始めたいけどキッカケがわからないんだよね・・・どうすればいいのかな?

このような方は肌のサインをしっかりチェックしているのでしょうか?

肌は体調によってしっかりケアのサインをだしているんですよ。

エイジングケアが必要なサインについて解説していきます。

目元や口元のたるみが気になる

鏡で自分を見ていると、「あれ?目元や口元がたるんできた?」と思う瞬間がありますよね。

その場合、スマホやパソコンの使い過ぎや乾燥によって口元や目元が疲れ、皮膚がたるんでしまっていることが考えられます。

乾燥やむくみによって口元がたるみ、口角が下がったように見えてしまうこともあります。

目元や口元は頬に比べ皮膚が薄く、化粧水だけでは十分に水分を補えません。

ツボを押したり、むくみを解消しながらしっかりマッサージすることで、たるみを解消することができるんですよ。

目元や口元のたるみ解消

目元、口元のたるみが気になり始めたらエイジングケアのサインです。

目元、口元用の美容液やクリームを塗ったり、乾燥ケアや紫外線によるダメージケアをおこなうなど、しっかり対策を講じましょう。

頬や小鼻の毛穴が気になる

頬や小鼻の毛穴が気になるという場合、紫外線などによるダメージの蓄積、またストレスなどによって角質層が乱れ、毛穴が開いてしまうのが原因といわれています。

日々のケアで皮脂汚れをしっかり取り除く必要があります。

洗顔、クレンジング後は、導入化粧水や美容液を利用し、汚れをしっかり取り除きながら肌を柔らかく保つようにしましょう。

洗顔、クレンジング後のケア

その後、化粧水や乳液を肌に馴染ませ浸透率を高めることで、乾燥やダメージから肌を守れるようになります。

肌に栄養がいきわたらない状態になっていると、それだけで毛穴の開きや肌トラブルを引き起こす原因が生まれます。

肌に栄養をしっかり浸透させられるよう日頃から整えておきましょう。

化粧崩れや白浮きが目立つ

化粧崩れが気になるという方は、毛穴の開きや紫外線のストレスによって肌にダメージを受けていることが考えられます。

ファンデーションの白浮きが目立つ場合も皮脂汚れがたまっていたり、毛穴に汚れがたまっている場合が多いです。

その場合はまず普段のケア方法を見直しましょう。

クレンジングは清潔な手で丁寧に洗うよう心がけてください。

また洗顔もなるべく擦らず、余分な皮脂だけでなく必要な栄養分まで落とさないよう優しく洗うようにしてください。

クレンジング、洗顔について

日々のケアを見直すことで十分に解決することができますよ。

クレンジングや洗顔からエイジングケアは始まっているのです。

丁寧に優しく肌を労わりながら手入れをおこないましょう。

エイジングケアに年齢は関係ない!

エイジングケアは30代~40代から始めるような印象を持つ方が大勢います。

では実際、何歳頃から始めればいいのでしょうか?

ここからはエイジングケアに適した年齢について解説していきます。

エイジングサインが見つかったらすぐに行動!

エイジングケアは「30代になってから」、「40代を迎えたら」などさまざまな意見があります。

ですが一定の年齢を過ぎてからおこなったのでは手遅れになる場合もあることを覚えておきましょう。

日々のケアの中で少しでも肌に異常やトラブルを感じ始めたのであれば、それはもうエイジングケアのサインです。

エイジングサイン

不調を感じ始めたのならすぐ行動に移しましょう。

20代は肌の再生能力が高く、ダメージはすぐに軽減されていきます。

しかし年齢を重ねることで次第に肌の水分が減ったり、栄養分が効率よく浸透していかなくなったりしてしまいます。

エイジングケアのサインにしっかり気づくことができれば、早い段階で細かい部分から解消することができますよ。

まずは日々のケアの最中に肌からサインが出ていないか確認してみましょう。

「肌に元気がない…」と感じるようになったら、それはもうエイジングケアのサインなのです。

肌に必要な栄養分やダメージを軽減するための化粧品を利用し、肌の状態をしっかりと整えていきましょう。

肌が気になり始めたらすぐに化粧品を変えよう!

エイジングケアに年齢は関係ありません。

20代からでもシミやしわといった肌のトラブルは発生してしまいます。

気になり始めたのであればエイジングケアに特化した基礎化粧品を利用しましょう。

「遅かった・・・」と後悔するよりも、「早すぎるかな?」と思いながらもしっかりケアを始めることが肌には絶対効果的です。

たるみやほうれい線の悩みを事前に解消することができる上に、シミ、シワ対策が早いうちからできたりと、後々の肌の状態に好影響を及ぼします。

またエイジングケアを始める場合、基礎化粧品は「ラインナップ」で変えることがおすすめです。

ラインナップ使いしなければ効果を実感できないものが多いため、できることなら全て変えるようにしましょう。

肌が気になり始めたらすぐに化粧品を変えよう!

ですが全てをいきなり変えるのが難しいといった場合、今使用している化粧品にプラスして、抗酸化作用やダメージを修復してくれる効果のある美容液を追加するなど、状況に合わせた対策を取っていきましょう。

少しずつではありますが、肌の状態を改善することにつながるのでおすすめです。

まず自分ができるところから改善するという意識を持つことで、エイジングケアを効率よくおこなうことができますよ。

気になり始めたらすぐ肌にアプローチできるよう、毎日しっかりとチェックすることが大切です。

エイジングケアでお肌をメンテナンス

肌を定期的にメンテナンスしていくことがエイジングケアをおこなう上で非常に大切です。

ポイントを押さえながらケアしていくことで、年齢を重ねても美しい肌を維持することができるようになります。

紫外線対策はマスト!通年しっかりとケアしよう!

紫外線は受けすぎてしまうとシミ、シワ、たるみを発生させてしまいます。

「メラニン」は肌に良くない成分です。

そのため常に日焼け止めやサプリメントを利用し、紫外線対策を取る必要があります。

雨、くもり、雪など、太陽が出ていない場合でも紫外線は存在します。

また部屋の中にいても肌は紫外線でダメージを受けるんですよ。

紫外線対策

季節に関係なく一年通して紫外線対策をおこなうことで、エイジングケアを効率よくおこなうことができます。

まずは日焼け止め、日傘、帽子などをうまく活用し、肌を紫外線から守るよう取り組んでみましょう。

食生活を改善しよう!

基礎化粧品の改善、紫外線対策の他に大切なのが「食生活」です。

食べるものによって体は作られるといっても過言ではありません。

いくら外側から肌を改善しても不規則な食生活を繰り返していれば、肌トラブルを解消するのは難しいでしょう。

そこで野菜、果物を中心とした規則正しい食生活を心掛けるようにしてください。

食生活の改善

そうすることで体の中から健やかに改善することができる上に、乾燥肌などのトラブルを解消する手助けにもなります。

化粧品を改善しても肌が中々改善されない、エイジングケアがうまくいかないといった場合には、ぜひ食生活の見直しをおこなってみてください。

バランスのいい成分が配合された化粧品を使おう!

エイジングケアで重要なポイントになってくるのが「抗酸化」です。

肌の中にある活性酸素が酸化することで老化の大きな原因になってしまいます。

そのため、UVケアやダメージの蓄積を解消できる「ビタミン」「セラミド」「ヒアルロン酸」が配合された化粧品を選択しケアすることで、肌をきれいに保つことができます。

バランスのいい化粧品

またビタミン誘導体、「レスベラトロール」などが配合された美白目的の化粧品もおすすめです。

老化を抑制するよう肌の外から中に働きかけてくれるので、エイジングケアを効率よくおこなうことができます。

化粧品を見直してエイジングケアの効率を上げたい場合、乾燥対策、美肌対策の成分がバランスよく構成された化粧品に変えることをおすすめします。

肌の手入れは毎日の積み重ねが大切

エイジングケアは、一朝一夕でなせるものではありません。

日々の積み重ねによって、後に大きな効果を得ることができるのです。

肌の手入れを毎日しっかりとおこなえるよう、日々のケアをおこなう方法を紹介します。

睡眠にこだわった美容方法

毎日積み重ねるのは基本的な化粧品を使用したケアだけではありません。

食生活、睡眠も日々の大切な美容ケアの1つです。

バランスの取れた食事をするだけでなく、毎日質のよい睡眠をとることは美肌作りに欠かせないケアなのです。

睡眠

就寝前はなるべくスマホやパソコン、テレビを見ずに目を休めることを心がけましょう。

寝る30分前からはなるべく目を使用せずリラックスしてください。

睡眠は、レム睡眠、ノンレム睡眠1.5時間の感覚でやってきます。

睡眠の質を意識しながら6時間~8時間眠るサイクルを作ることで、質のいい睡眠をとれるようになり起床もスムーズになります。

そうすることで日々の肌のサイクルも正常に動くようになり、美肌をサポートしてくれるのです。

ルーティンを確立させる

習慣作りは難しいですが、毎日のルーティンを決めることで次第にそれが自然にできるようになります。

美肌作り、エイジングケアは毎日コツコツと重ねなければ意味がありません。

そこで肌を優しくケアするために、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリームなど、ケアに必要な手順をしっかりと習慣化させることが必要です。

ケアに必要な手順を習慣化

丁寧に毎日ケアをおこなっていくことで、若いうちから紫外線、抗酸化対策をおこなうことができる上に、肌をいつまでも若々しく保てるようになるのです。

まずは毎日しっかりとケアを怠らないよう習慣作りをしていきましょう。

まとめ

体や肌の老化は自然現象のため避けられないものです。

老化のスピードには個人差があり、日々のダメージの蓄積も関係してきます。

エイジングケアを若いうちからしっかりおこなうことで、老化のスピードをコントロールし、肌の状態を若々しく保つことができるようになります。

エイジングサインに気づいたらすぐにエイジングケアに取り掛かりましょう。

「年齢によるものだから仕方ない・・・」というのは言い分けになりません。

自分の肌の状態をよく見ながら、しっかりとケアに取り組んでいきましょう。

コンテンツに対するご意見、ご指摘、ご要望など御座いましたらお問い合わせフォームより編集部までご連絡ください。次回の更新時に反映させて頂きます。