• Ranzuki公式Twitter
  • Ranzuki公式Youtube
  • Ranzuki公式Instagram

日刊Ranzuki ~JKってムテキ~

【ひそかに好きだった先生と……❤︎】女子校JKの禁断の初H!
#11

みんなのラブえっち体験談♥

【ひそかに好きだった先生と……❤︎】女子校JKの禁断の初H!

連載第13回となる今回は、もうリアルにマンガの世界(笑)!! 女子校に通う女のコとイケメン先生の禁断の恋……からのドッキドキ初H……。まるで妄想か!? と思うほど夢のような展開のオンパレード。心してお読みくださいw

17628 View / 61 Love

今回えっちトークをしてくれたのは……

22歳で銀行員のMさん!

都内の大手銀行で働くMさんは、まさにバリキャリOLな外見。色白スレンダー長身、清楚系ファッション……コレが嫌いな男のコっているの? って感じの好感度大なルックス。職場でみんなの憧れの的なんだろうなーって想像つくつくw MさんはJK時代からすでに大人っぽくて、目立っていたそうで、社会人の男性から声をかけられることもしばしばあったらしー。そんなMさんの初体験って、きっと大人な感じなんでしょう……?

高2で初H!

N先生との出会い♥

「私は女子校だったので、男の子との出会いがほとんどと言っていいほどなくて。塾で他校の男の子と関わることはあったけど、なーんか子供っぽく見えて、全然興味がわかずw 「まあ大学に進学できたらいっぱい出会いあるだろうし、好きなだけ彼氏できるよねー?」という期待を抱き、黙々と勉強を頑張る日々でした。

 

そんなとき、非常勤講師として私の高校にやってきたN先生。英語を担当していた先生が産休に入られるということで、1年間という期間限定で英語を教えてくれることになりました。

そしたらもーー、教室に入ってきたN先生が私のドストライクな外見でw 完全に一目惚れでしたね。25歳だったかなあ。色白長身塩顔イケメン。私だけじゃなく、周りの生徒もキャーキャー言って騒いでましたw いかにも女子校ノリ(笑)。

 

そのとき私は高2だったんだけど、すでに大学進学する気マンマンのマジメ系女子でした。放課後はいつも先生のところに質問に行くレベルw 中でも、英語が一番苦手で! 別に最初は全然下心とかじゃなく(笑)、N先生のところに質問に行くのが自然と日課になりました。

廊下に“質問者用専用デスク”みたいなのがあって、そこで毎日N先生にマンツーマンで英語を教えてもらって……。N先生、近づくと超イイにおいがしたんですよね。「どこの香水!? いや、柔軟剤か?」って、同じにおいを探してドンキの店内を練り歩いた日もあるくらいw 完全に惚れてますやんっていう(笑)。

 

ちゃんと質問はしながらも(笑)、合間に世間話とかもして。「あっこのラーメンおいしいですよね」「あっこの公園の紅葉見ました!?」とか。

 

そしたら、「あのお店のミルクレープが超好きで!」って話してたある日、

「俺もミルクレープ好き! じゃあ今日はもう十分勉強頑張ったし、今からごほうびで連れてってあげるよ!!」ってN先生が言ってくれて!!

いきなり舞い降りた放課後デート……しかも大好きなN先生と……。もう教えてもらった英語の知識がすっ飛びましたw 先生ごめんw

N先生と喫茶店デート!!

いつもの質問者専用デスクじゃなくて、オシャレな喫茶店でN先生と向かい合って座るってだけで変な汗がノンストップ(笑)。ミルクレープを頼んだけど、いつもバクバク食べちゃうのに、「食べ方が変って思われたらどうしよう!!」とか考えたらフォークが全然進まずw 乙女かw

そこでは先生のプライベートな話をいっぱい聞きました。彼女は2年くらいいなくて、一人暮らしで毎日寂しい、みたいな。

“私が彼女になって支えてあげたい……”

って、まだJKなのに母性があふれ出ましたw

 

ひとしきり話したあと、「公園行かない?」って先生が言ってくれて、近くの公園のベンチに座って、ミルクティー買ってもらって。

そしたら同じバンドが好きってことも判明してw 盛り上がって楽しすぎて……。もう完全に一人の男性として、N先生のことを見始めてる自分がいました(笑)。

つづきを読む

BACK NUMBERバックナンバー